緊急地震速報専用受信機 DPASS 今日は表示しない [閉じる]

map01

map02

title

高速利用者向けのDPASS一般利用者向け(TV,ラジオ、携帯電話など)の違いはこんなにあります!

項目 一般の利用の場合 DPASSのメリット
発報の
タイミング
"遅い"
情報が正確になってから発報!
仙台市内のDPASS端末
2011年3月11日の三陸沖地震
確定震度[6弱]「震度4/15秒前」
2011年4月7日の宮城県沖地震
確定震度[6弱]「震度5弱/9秒前」
発報震度 震度5弱以上の地震で
震度4からお知らせ
テレビやラジオでは震度5弱以上の予測がなければ報知しない。
予測エリア 広い範囲でお知らせ
現在地状況と必ずしも一致しない
全国ネットのTV・ラジオ放送の場合は、揺れに関係のない場所にも放送されるため、受け手側にとってはあいまいな情報となる。
死活監視 できない ドリームウェアデータセンターで受信機が正常に接続されているか常に管理をしています。
高度利用の場合
"早い"
地震情報を受けたらすぐ発報!
震度1から震度7まで
細かくお知らせ
設置場所の震度を
ピンポイントでお知らせ
できる

topbtn